ベスト おすすめワイン
厳選お薦め10本です!
ワイン 詳細検索
happywine.com
生産国:
happywine.com
品種:
happywine.com
タイプ:
happywine.com
味わい:
happywine.com
価格帯(税抜): 円から
円まで
happywine.com
キーワード:
happywine.com
 例:スクリュー 泡 ロゼetc

 

新入荷ワイン
最近の入荷品 要チェック!
ロゼ特集
2022年に成人式を迎える方へ、同じ生まれ年のヴィンテージワイン
【送料無料】人気のセット商品 ワイン
アウトレットワイン
喜ばれるワインギフト ワイン
家飲み応援ワイン
ワンランク上の家飲みワイン
飲み頃ワイン
勝沼醸造 甲州テロワール・セレクション 祝(白) ワイン
ジュース ソフトドリンク
年に1度のロゼ入荷!!
ヴェリタス ノンアルコールワイン
マグナムボトル ビーニャ・ファレルニア カルムネール グラン・レセルバ(赤) 2016 ワイン
サンテロ フラワーボトル
ビーニャ・バロリア ワイン
サクラ・アワード・ダイアモンド・トロフィー受賞 ラダチーニ ワイン
ロベルト・サロット 99点 ワイン
スクリューキャップ ワイン
もうコルクには戻れないっ!かも?

店主まーちゃんがゆく 世界ワイナリーリポート

ハッピーワイン インスタグラム

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

お電話、FAXでのご注文

お電話でのサポート

フリーダイヤル:0120-464-135

月〜金曜日 14:00〜16:00

FAXでの御注文

FAX:072-890-2233

注文用紙はこちらから

◎ニュートン・ジョンソン ファミリー・ヴィンヤーズ シャルドネ(白)

◎ニュートン・ジョンソン ファミリー・ヴィンヤーズ シャルドネ(白) (南アフリカ共和国) ◎ニュートン・ジョンソン ファミリー・ヴィンヤーズ シャルドネ(白) (南アフリカ共和国) ◎ニュートン・ジョンソン ファミリー・ヴィンヤーズ シャルドネ(白) (南アフリカ共和国) ◎ニュートン・ジョンソン ファミリー・ヴィンヤーズ シャルドネ(白) (南アフリカ共和国) ◎ニュートン・ジョンソン ファミリー・ヴィンヤーズ シャルドネ(白) (南アフリカ共和国) ◎ニュートン・ジョンソン ファミリー・ヴィンヤーズ シャルドネ(白) (南アフリカ共和国)

※商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

南アフリカ1級格付けワイナリー!高評価獲得の限定シャルドネ!

◎ニュートン・ジョンソン ファミリー・ヴィンヤーズ シャルドネ(白) 2019

Newton Johnson Family Vineyards Chardonnay

750ml  価格 4600円(税込み)

商品番号
wiafr033f00
タイプ
ヴィンテージ
2019年
生産国
南アフリカ共和国
生産地
ヘメル・エン・アーデ
生産者
ニュートン・ジョンソン
保存
静かな冷暗所
配送
普通便発送です クール便をご希望はこちらから。

■味わい:辛口 ■アルコール度数:13% ■格付け:W.O.アッパー・ヘメル・エン・アーデ・ヴァレー
■ぶどう品種:シャルドネ


商品説明

ニュートン・ジョンソン ファミリー・ヴィンヤーズ シャルドネ(白)


《白ワインの全ての味わい要素を結集》

 

サウスエンド・シャルドネの脅威のコスパを知っているとちょっとお高くは感じてしまうとは思いますが。

とは言え、あの美味しさを知っているならむしろこちらも飲んで頂きたい!

より深みがあり、より繊細。プラッターズ98点獲得が物語るワイン・ラバー必飲シャルドネです。


やや濃いめの黄色。

レモン・キャンディーのような甘酸っぱい爽やかな果実香。

グラスを回して空気を含ませると桃や少しハチミツ香も混じり、冷涼な雰囲気の中にも美しい完熟感あり。

味わいもそのイメージそのもので、厚みというよりは多層感あり。

洋梨を思わせる少しとろりとした果実感

グレープフルーツやレモンを思わせる爽やかな柑橘感

ふわふわの食パンを思わせる柔らかな香ばしさ

細やかにキラッと光るようなミネラル感

ほのかな塩気などなど・・。

酸は高めながら尖った感じがなく、ふくよかさとのバランスが大変うまく取れていて全体を引き締めています。

「まろまろー」だけでもなく、「爽やかぁー」だけでもありません。

白ワインの全ての味わい要素が満遍なく過不足なく含まれた結集。

余韻もスゥーっと細く長く続いていく感じ。さすがとしか言いようなし。


皮をパリッと焼いたチキンステーキなんて最高のマリアージュかと思います。

もっと気軽にいくなら塩焼き鳥で。

白身魚のムニエルやフライにも是非。


《南アフリカ1級格付けワイナリー》

 

ニュートン・ジョンソン・ワインズは、冷涼な銘醸地ウォーカー・ベイで1985年設立された家族経営の醸造所です。

南アフリカ最大のワイン会社ステレンボッシュ・ファーマーズ・ワイナリーで輸出を担当していたデイヴ・ジョンソン氏がワイナリーを設立。

当初はネゴシアン・ビジネスに専念していたジョンソン氏ですが、「トップレベルの品質でリーズナブルな価格のワインをつくりたい」との思いを募らせていました。

1996年、遂にエステイトを入手し自らのワインを造り始め、現在では都会派の洗練されたスタイルのワインで南アのトップ生産者の一つとして知られています。

現在ワイナリーの運営は、オーナーのジョンソン氏とその二人の息子によって行われています。

ワイナリーのシンボルマークである「2匹の向かい合ったタツノオトシゴ」は、二人の仲の良い兄弟を象徴するものとして使われています。

醸造を担当する弟ゴードンは「より良いワイン造りのためには世界中どこのワイナリーでも修行に行く」との言葉通り、ボルドーのシシェル、カリフォルニアのキュヴェゾン、ニュージーランドのハンターズ等で修行を重ね腕利きのワインメーカーに成長しました。

エレガントさと力強さのバランスを大切にしながら、個々の特徴がよく引き出されたワインを造り出しています。

兄のビーヴァンはマーケティングを担当し、国内外にその魅力を伝えています。


《ヘメル・エン・アーデ=地上の楽園》

 

オーヴァーバーグはK.W.V.の時代にはブドウ畑としては認可されなかった新しい産地で南アフリカで最も冷涼で、海から僅か2-8kmと海洋性の影響を受けます。

北ローヌのワインに深く刺激を受けたニュートン・ジョンソンは、この南アフリカの冷涼な地ヘメル・エン・アーデでのシラー品種の可能性をいち早く見出し、この地に最初にシラーを植えパイオニア的存在となりました。

「冷涼で有機分の少ない岩が深く蓄積した沖積土壌のこの厳しい環境こそが、ローヌ品種の栽培に最適な条件が揃う」

「栄養分、水分を求め深く根をはり成長したブドウ樹は収量を落とし小粒で凝縮した素晴らしいブドウが産み出してくれる」とジョンソン氏は言います。

ヘメル・エン・アーデ(Hemel-en-Aarde)という地名は「Heaven and Earth」という意味。

写真でご覧頂けるとおり、名前どおりの大変美しい産地です。

比較的新しく開拓された産地ということもあり、クローンを研究したり栽培方法を変えたりと、現在も試行錯誤を繰り返しながらより良いブドウを産み出すべく努力を重ね栽培を行っています。

畑は標高が低く、大きな石が2mにも積重なる土地です。

勿論、栽培は全て手作業で車も入ることができません。

醸造施設は重力を利用した建造で、ブドウに負担を与えないよう最新の注意が払われます。

ワインは料理と一緒に飲まれることが前提であり、料理を支配してしまうようなワインはつくらないことを哲学に、「トップレベルの品質でリーズナブルな価格のワイン」を実現しています。



(文章:佐野 雅子)


 

HAPPY WINEへ

あわせて買いたい

↑Page Top