ベスト おすすめワイン
厳選お薦め10本です!
ワイン 詳細検索
happywine.com
生産国:
happywine.com
品種:
happywine.com
タイプ:
happywine.com
味わい:
happywine.com
価格帯(税抜): 円から
円まで
happywine.com
キーワード:
happywine.com
 例:スクリュー 泡 ロゼetc

 

新入荷ワイン
最近の入荷品 要チェック!
【送料無料】人気のセット商品 ワイン
ウインダウリー サクラ・シラーズ(赤)
ジュース ソフトドリンク
2023年に成人式を迎える方へ、同じ生まれ年のヴィンテージワイン
飲み頃ワイン
家飲み応援ワイン
ワンランク上の家飲みワイン
スペインリオハ ワイン
喜ばれるワインギフト ワイン
-->
ヴェリタス ノンアルコールワイン
マグナムボトル ビーニャ・ファレルニア カルムネール グラン・レセルバ(赤) 2016 ワイン
サンテロ フラワーボトル
サクラ・アワード・ダイアモンド・トロフィー受賞 ラダチーニ ワイン
ロベルト・サロット 99点 ワイン
スクリューキャップ ワイン
もうコルクには戻れないっ!かも?

店主まーちゃんがゆく 世界ワイナリーリポート

ハッピーワイン インスタグラム

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

お電話、FAXでのご注文

お電話でのサポート

フリーダイヤル:0120-464-135

月〜金曜日 14:00〜16:00

FAXでの御注文

FAX:072-890-2233

注文用紙はこちらから

◎クレメンタイン ピノ・グリ(オレンジ) 

◎クレメンタイン ピノ・グリ(オレンジ)  (オーストラリア) ◎クレメンタイン ピノ・グリ(オレンジ)  (オーストラリア) ◎クレメンタイン ピノ・グリ(オレンジ)  (オーストラリア) ◎クレメンタイン ピノ・グリ(オレンジ)  (オーストラリア) ◎クレメンタイン ピノ・グリ(オレンジ)  (オーストラリア)

※商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

クリーンな美味しさの無濾過にごりオレンジワイン!

ローガン・ワインズ クレメンタイン ピノ・グリ(オレンジ)  2021

Logan Wines Clementine Pinot Gris

750ml  価格 2200円(税込み)

商品番号
wiau0025f00
タイプ
オレンジ
ヴィンテージ
2021年
生産国
オーストラリア
生産地
ニュー・サウス・ウェールズ州
生産者
ローガン・ワインズ
保存
静かな冷暗所
配送
普通便発送です クール便をご希望はこちらから。

■味わい:辛口 ■アルコール度数:12.5% ■格付け:セントラル・レンジスG.I.
■ぶどう品種:ピノ・グリ


商品説明

クレメンタイン ピノ・グリ(オレンジ) 

オレンジワインとは?


《愛娘クレメンタインの名前を冠したオレンジワイン》

 

赤・白・ロゼに続くワインとして定着しつつある「オレンジワイン」です。

無濾過のにごりオレンジながら、クセのないクリーンな味わい。

今まで、少し酸化したようなニュアンスを「オレンジワインはこんな味」と感じていた方に是非試して頂きたいと思います。

実は店主まーちゃんも、ブームで出回り始めた頃のオレンジワインが苦手でした。

時が経って手法も洗練されてきたのか、個性と美味しさを両立するワインが増えてきています。

このクレメンタインでクリーンな美味しさのオレンジワインを体験ください。


辛口ロゼにも通じるフード・フレンドリーさに驚きます。

マリアージュを試そうと3日に渡って夕食で実食実験。

手巻寿司は、マグロ、ブリ、イカ、ホタテ、サーモンなんでもOK。

ベストは海老マヨ。マヨネーズとの相性が良いので、サーモンのマヨホイル焼きもおすすめ。

鴨鍋のまろやかで甘めの出汁の味、野菜にも鴨肉にも相性良し。

鶏唐揚げも少しスパイシーな香味にも合うし、揚げ物へのウォッシュ効果も◎。

この感じなら、きっと塩胡椒のシンプルなチキンステーキも合うでしょう。

気負わず、特別扱いせず、気軽に楽しめるオレンジワインです。


《オーナー醸造家の優しい人柄が伝わるワイン》

 

ローガン・ワインズは、オーストラリアを代表する冷涼産地、標高500-1000mに位置するニュー・サウス・ウェールズ州のオレンジ地区、マジー地区で1997年よりワイン造りを行う醸造所です。

醸造は、設立者でオーナーでもあるピーター・ローガン氏自らが行います。

ローガンが産み出すワインは正に「現代オーストラリアの象徴」ともいえる味わい。オーストラリアで新しいトレンドとなっているクール・クライメイトのワインの代表格となっています。

評価は毎年うなぎ上りで、多くの金賞や高評価を獲得するオーストラリアきっての醸造所に成長しています。


《天職に導いたワインとの衝撃的な出会い》

 

元々薬剤師であったローガン氏は、学生時代に訪れたヨーロッパでワインとの衝撃的な出会いを経験し、食とワインに深い情熱を抱くようになりました。

この思いは留まるどころか更に彼を突き動かし、ついに彼は転職を決断。

24歳の時に将来のため畑を購入。時を同じくして、オーストラリアの名門ワイナリーの醸造を手がけていた醸造家サイモン・ギルバート氏の門を叩き修行。

ギルバート氏との出会いにより、天職を確信し、名門アデレード大学のローズワーシーカレッジで本格的に醸造学を学びました。

そして27歳の時、念願の自らのワイン(1997年VT)をリリース。

これまでに数々の賞を受賞し、注目を集めています。


目指すのは、オーストラリア・ワインの良さであるパワーと果実味、それに旧世界の繊細さ、骨格、バランスを融合させた独自のワイン。

理想とするワイン造りに選んだのはオーストラリアで最も冷涼な気候を持つ産地でした。オーストラリアでも日照時間が長く、寒暖差が大きい冷涼帯であることから、果実味しっかり、尚且つエレガントでしなやかな、他にはないオーストラリア・ワインを産みだしてくれます。


(文章:佐野 雅子)


 

HAPPY WINEへ

あわせて買いたい

↑Page Top