新入荷ワイン
最近の入荷品 要チェック!
ワイン 詳細検索
happywine.com
生産国:
happywine.com
品種:
happywine.com
タイプ:
happywine.com
味わい:
happywine.com
価格帯(税抜): 円から
円まで
happywine.com
キーワード:
happywine.com
 例:スクリュー 泡 ロゼetc

 

厳選の高級ワインがお買い得! ワイン
ジュース ソフトドリンク
年に1度のロゼ入荷!!
ヴェリタス ノンアルコールワイン
家飲みワイン
ビッグ・オージー・ワイン・カンパニー
マグナムボトル ビーニャ・ファレルニア カルムネール グラン・レセルバ(赤) 2016 ワイン
サンテロ フラワーボトル
アルティーガ・フステル エルミータ・デ・サン・ロレンソ グラン・レセルバ(赤) 2000
A to Z ワイン
サクラ・アワード・ダイアモンド・トロフィー受賞 ラダチーニ ワイン
ロベルト・サロット 99点 ワイン
メシムネオス ドライ・オレンジ ワイン
キウイエステイト キウイフルーツワイン
デクスハイマー ハイマースハイマー ゾンネンベルク シルヴァーナ・アイスヴァイン
12年連続トレビッキエリを誇る 北イタリア ナルス・マルグライド ワイン
ジャケ買い ワイン
ルックスにも自信あり☆ジャケ買い
スクリューキャップ ワイン
もうコルクには戻れないっ!かも?

店主まーちゃんがゆく 世界ワイナリーリポート

ハッピーワイン インスタグラム

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

お電話、FAXでのご注文

お電話でのサポート

フリーダイヤル:0120-464-135

月〜金曜日 14:00〜16:00

FAXでの御注文

FAX:072-890-2233

注文用紙はこちらから

ビーニャ・ファレルニア シャルドネ グラン・レセルバ(白)

ビーニャ・ファレルニア シャルドネ グラン・レセルバ(白) (チリ) ビーニャ・ファレルニア シャルドネ グラン・レセルバ(白) (チリ) ビーニャ・ファレルニア シャルドネ グラン・レセルバ(白) (チリ) ビーニャ・ファレルニア シャルドネ グラン・レセルバ(白) (チリ)

※商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

樽発酵&樽熟成!フレッシュさとクリーミーさの融合!

ビーニャ・ファレルニア シャルドネ グラン・レセルバ(白) 2018

Vina Falernia Chardonnay Gran Reserva

750ml  価格 1980円 (税込 2178円)

商品番号
wich0011f00
タイプ
ヴィンテージ
2018年
生産国
チリ
生産地
エルキ・ヴァレー
生産者
ビーニャ・ファレルニア
保存
静かな冷暗所
配送
普通便発送です クール便をご希望はこちらから。

■味わい:辛口 ■アルコール度数:13.5% ■格付け:-----
■ぶどう品種:シャルドネ


商品説明

ファレルニア ワイン


秋冬に特にお薦めのふっくらリッチ系白ワイン。

気持ち高めの温度でゆっくり味わうのが似合うタイプ

チリの人気生産者ファレルニアから新着のこのシャルドネはまさにそれなんです!


ファレルニアがエルキ・ヴァレーに所有する4か所の畑の中で一番冷涼な気候を持つティトンの畑の葡萄で造られます。(標高350m、海岸から18km)

海からの冷たい風と昼夜の大きな寒暖差でブドウはゆっくり熟し、豊かなアロマと酸をもたらします。

丁寧に手摘み収穫、柔らかく圧搾し発酵・熟成(10ヶ月)ともにフレンチオーク


薄い黄色。

バナナクリームや火を通したパイナップルを連想する独特の甘い香り。

また、パパイヤっぽさもありトロピカル系。

アタックからとろりとまろやかな舌触りでふっくら感あり。

リッチなワインではあるものの、柔らかな酸もあるため重すぎずくどさもありません。

爽やかさとまろやかさのバランスが絶妙

余韻も長くあり、満足度の高い1本です。


程よいクリーミーさは、グラタンやクリームシチュー、カルボナーラなどにぴったり!

また、チキンステーキ、ポークステーキに合わせてご馳走ディナーに。

バンバンジーやしゃぶしゃぶにゴマだれを合わせる時にもお薦めですよ。


=====【輸入元資料より】


イタリアのトレンティーノから12歳の時にチリに移住し、ピスコ(葡萄から造られるチリの蒸留酒)会社を経営するアルド・オリビエ・グラモラと、イタリア人醸造家のジョルジオ・フレッサティ。

二人は親戚で、1995年、観光でフレサッティ氏がアルド氏を訪問した時(35年ぶりの再会)、エルキ・バレーの日の光と青空、無いものを欲しがるのではなく今あるものに感謝するという人々のライフスタイル、そしてその壮大で未知なる力を秘めた土地に感動し、翌日にはこの土地でのワイン造りを決意

それからというもの、風や湿度、気温などの気候条件を数時間おきに毎日計測し、徹底的な調査を行ないました。調査は2年間続き、1997年にベストだと判断した場所に葡萄を植え、1998年にビーニャ・ファレルニアを設立

二人は「それまで生食用やブランデー(ピスコ)用の葡萄しか造られていなかったこの地でワイン造りを始めることは革新的な出来事だった。情熱と技術、チリの大学のアグロノミストのサポートによって、主要なワイン生産地からはるか遠く離れたエルキ・バレーを、計り知れないポテンシャルをもった素晴らしいワインの畑に変貌させるという目標が原動力になっている。」と考えています。


畑は、冷涼なエルキ・バレーの中で350mー2070m(←驚きの標高!)の4箇所にあり、自社畑が320haと長期契約畑100haと広大です。それぞれが特有の気象条件を持っています。

タンクやボトリングマシーンなど、設備は全てイタリアから取り寄せました。

ステンレスタンクは、温度を同じに保つため、厚さが12cmもあるものを選んでいます。

発酵用には人工酵母、マロラクティック発酵は自然酵母を使用。

樽はフランス産とアメリカ産を使用。どちらもカントンというメーカーのもので、ホワイトチョコレートのような甘さを持った味わいと、タンニンに丸みがでるという特徴があります。

瓶詰め前のフィルターは、赤は1回のみ。明るくて広いこだわりの研究室(ワインや葡萄を分析)では、エルキ・バレーの土地と、イタリアで培ったエノロゴとしての腕前が花開きます。

ワインのラベルは、インカ文明の地上絵からとったもので、歴史を尊重したいという想いからデザインに採用しています。

「頭の中にはもっともっと良いワインのイメージがあります。毎年毎年、品質を上げていきますよ。」=====


ファレルニア下部

(文章:佐野 雅子)


 

HAPPY WINEへ

あわせて買いたい

↑Page Top